お金についてのピックアップサイト♪

住宅ローンの注意点と変動金利

住宅ローンを組む際には金利や保証金についてある程度自分で知識をつけ、無理なく返済できる計画を立てることが大切です。車のローンもある、リボ払いもある、借入もあるという場合はそれらの返済も考慮した上で住宅ローンの返済額を決める必要があります。特に消費者金融での借入がある場合はそれだけで審査に通りませんのでこれだけは事前に返済しておかなければなりません。
ローン以外の支出ももちろん考慮する必要があります。自動車保険、生命保険、医療保険の支払い、保育料などなどあらゆる支出を考慮して無理なく返済できる額を決めます。変動金利は常に金利が変動するようなイメージですが、金利の見直しは半年に一度で返済額は5年間変わりません。5年毎に返済額は変わりますが返済額は最大で25%以上は上がらない仕組みになっています。このように変動金利でも返済額が一気に上がらないよう配慮されていますが、返済額が大きく上がらないだけで内訳は金利変動によって大きく変わります。返しても返しても元金は全く減っていないということもあり得ます。変動金利はこれがリスクです。

お金に関する注目ホームページ♪

Copyright (C)2018ずーと払うものだから!住宅ローンを勉強.All rights reserved.