お金についてのピックアップサイト♪

住宅ローンの借り換えについて

家を購入する場合、多くの人が住宅ローンを借りる事になります。住宅ローンは返済期間が長期間になるので、少しでも総返済額を少なくしたいものです。返済額を少なくする方法として、住宅ローンの借り換えがあります。住宅ローンを借り替えることによって、金利や月々の返済額が変わったりします。借り換えを行うポイントは、今よりどのくらい返済額を減らせるか、返済期間を変えることによって月々の返済が減らせるかがポイントになります。
住宅ローンの借り換えでは、金利タイプを変える方法があります。固定金利から変動金利に変えたり、固定金利の金利の期間を短くしたり長くしたりすることが可能です。子供の教育費などにお金が必要な期間は、金利上昇のリスクを避けた固定金利を選択すると良いです。
借り換えする時期は、「ローンの返済額が1000万以上残っている」「返済期間が10年以上残っている」「金利が借り換えする前と後で1%以上の差がある」の3つを満たしているときに行います。この条件を満たしていれば、借り換えしたときに利益が引き出されるのです。

お金に関する注目ホームページ♪

Copyright (C)2018ずーと払うものだから!住宅ローンを勉強.All rights reserved.